マロニエ ファッションデザイン専門学校

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Course 学科・コース

ファッションクリエイション学科

FASHION CREATION DEPARTMENT

オートクチュールデザインコース

3年制 週5日

  • 月・水・金9:30〜15:00(3時限)
  • 火・木9:30〜16:40(4時限)

高級素材の特性や縫製テクニックを活かして、ドレスなどの高級オーダー服や衣装をデザイン・制作する知識と技術を学びます。プレタポルテ・デザイナーのほか、インディーズデザイナーやショップを経営する道も開けます。

◯ 目指せる職業

デザイナー / パタンナー / 縫製技術者 / プランナー / 生産管理 / イラストレーター など

◯ 取得できる資格

洋裁技術検定 / パターンメーキング技術検定 / 繊維製品品質管理士 / ファッション色彩能力検定 / 色彩検定

1年次

基礎・応用

個性を育む為の知識と技術を学び、
オリジナル作品を制作

基本的なデザイン・パターン・縫製・専門知識を学び、オリジナル作品を制作。個性を育む為には知識と技術が不可欠。1年間の学びの中で自分自身の表現したい事を発見できます。

CURRICULUM

色彩学/素材学/服装史/ビジネスマナー/コレクション情報/造形学/ファッションデザイン学/商品知識/英会話/ファッションイラストレーション/デザイン/マーケティングリサーチ/フラットパターン/パターンメーキング/ドレーピング/IT/ディテールソーイング/手芸/縫製講義と実技/ミシン講習と実技 など

2年次

応用・実践

衣服における最高技術を学び、
繊細で芸術性の高い衣装を創造

1年次よりもさらに専門的な知識・高度な技術を学ぶ事で、オリジナルの作品もさらなるレベルアップが可能。一点物でしか表現できない高品質な衣装を創造します。

CURRICULUM

色彩学/パーソナルカラー/カラープランニング/ファッション造形学/業界構造論/創作デザイン/服飾造形デザイン/体型とデザイン/オートクチュールデザイン/オートクチュールデザイン企画/ファッションイラストレーション/工業用パターン/グレーディング/ニット/縫製工学と生産管理/ジバンシージャケットの制作/高級素材理論/アパレルCAD・CG/高級素材縫製テクニック/オートクチュール縫製/手工芸知識・実技/ドレーピング など

3年次

実践

個性をあます事なく表現。
衣装業界やウェディング業界で即戦力となる技術を習得

今まで習得した事をフル活用し、実際の衣装製作同様の工程を行います。ファッションショーやコンテスト、インターンシップなどを経験後、社会へ飛び立ちます。

CURRICULUM

マーケティングリサーチ/クチュールデザイン企画/ファッションイラストレーション/オートクチュール縫製/手工芸知識・実技/ドレーピング など

CLASSWORK

オートクチュールデザイン

一点物が持つ芸術性と、高い品質の服作りのための創作力を養います。

ドレーピング

立体裁断と言われるパターンの制作方法。3次元でパターンを作る方法を習得します。

手芸

機械ではできない繊細な刺繍、編み物を作りあげる技術を学習します。

オートクチュール縫製

コレクションブランドなどで使用される、一点物の縫製方法を習得します。

ART WORK

在校生の声

いろんな技術の勉強ができてデザインの幅を広げる事ができるのが魅力です。

孫 俊栄

オートクチュールデザインコース3回生
大阪・近畿情報高等専修学校 出身

始めはイラストもパターンも縫製もできませんでしたが、マロニエでは1人ひとりに指導してくれるので、今ではコンテストに自分の作品を出せるようになるまで成長しました。残りの学生生活はとにかく自分のやりたいことをやって自分が着たい服を作り、将来は自分の感性を表現したブランドを立ち上げたいです。

既製服とは違い、手芸やニットなどの細かい作業が楽しいです。

湯浅 彩希

オートクチュールデザインコース3回生
徳島・小松島西高等学校 出身

私は縫製がもともと苦手だったのですが、このコースはじっくりと制作をすることができるので、自分のペースで上達していくのが実感できます。上達と共に技術や知識が増えて、自分のやりたいことが見えてきました。残りの学生生活は自分のやりたいこと、やるべきことを研究していきたいと思います。

オープンキャンパス学科・コースから選ぶ

2020年10月
自己推薦入試エントリー開始!

Pamphlet パンフレット

入学をお考えの方へ、
学校案内のパンフレットを
無料進呈しています。

Contact Us お問い合わせ

LINE・電話・メールで
お気軽にご相談ください。

SNSでマロニエをフォロー!