マロニエ ファッションデザイン専門学校

News お知らせ

先生インタビュー

2022.11.1 update

\あの人の素顔に迫る!/先生にインタビュー!vol.1

今回インタビューしたのは… 広報担当 山田竣弥先生  

マロニエを卒業後、大手海外セレクトショップの販売員などを経て広報担当に。学校の魅力をアピールするため奔走中の山田先生にインタビューしました!

  ーどんなお仕事をされていますか?  

広報担当として、マロニエの良さを広めるための業務をしています。 例えば、高校に直接行ってアピールするほかに、オープンキャンパスで体験授業を一緒にやったり、学校見学を在校生と一緒に回ったり。 進路相談にも乗っていますよ。

  ーマロニエに入られたきっかけは?  

マロニエを卒業してから、海外のインポートを扱うセレクトショップで、バイヤーさんの下について販売をしたり、オンラインサイトの仕入れから販売までを学んだりしていました。そのあとに、在学中の担任の先生からお声がけをいただいて。責任は重いけど、楽しそうな仕事だと思って広報に入りました。

  ー広報のお仕事で大切にしていることは?  

マロニエが持つ温かい雰囲気を体現できるように意識しています。

  ーマロニエの特徴を教えてください  

少人数制なので、学生同士に強い繋がりができるところが魅力です。 在学中は切磋琢磨して高め合い、卒業後も一緒にブランドを立ち上げたり、個展やファッションショーをやったり、もちろん仲良く遊んだり……そんな良い仲間に出会える場所だと思います。

  ーマロニエの中で好きな場所を教えてください  

まずは学年ごとのホームとなる教室。クラスメイトとの関係が深まりやすいし、ホッとできる場所だと思います。もうひとつはエントランス。吹き抜けになっていて、自分が入学するときに「ファッションの学校に入った!」という感じがして印象深かったです。

  ー今度、マロニエをどんな学校にしていきたいですか?  

やはり「面白い学校にしたい」という思いがあって、それが自分の仕事のモチベーションにもなっています。 そのために、在学中でも卒業したあとでも、生徒同士が一緒になってブランドやファッションショーができるような活躍の場を幅広く提供していきたいとも考えています。もっともっと生徒たちを際立たせて、ファッション業界に新しい風を吹かせていくような生徒を輩出する学校にしていきたいですね。

  ー好きなブランドは?  

「ジャンポールゴルチエ」というデザイナーズブランド。毎シーズン斬新なアプローチをしているところが好きです。自分がマロニエに入学してすぐはデザイナーズには興味がなかったのですが、2年生くらいになると、いろんなコレクションを見たりセミナーを受けたりした上で世界のコレクションに没頭していきました。

  ー趣味や好きなことは?  

休みのときは洋楽を聴いたり、リサイクルショップを訪れたりしています。あと、ファッションショーを見ることが本当に好きで、半年に1回はコレクションを見に行きます。ものすごい感動があって、そのときは一番時間を忘れられますね。

  ー学生へのメッセージ  

ぜひ、いろんなことに挑戦してください! 僕自身が学生のころ、学校でなにかするときには主体的に手をあげてやっていました。その先で人と繋がりができたり、将来の糧になることが得られたりするかもしれません。どんな小さいことでも、絶対に未来につながると思います。

  山田先生、ありがとうございました!

ARCIVE

Pamphlet パンフレット

入学をお考えの方へ、
学校案内のパンフレットを
無料進呈しています。

Contact Us お問い合わせ

LINEで
お気軽にご相談ください。

SNSでマロニエをフォロー!